ECCジュニア

21世紀のグローバル社会を生きる子どもたちにとって、英語は「話せたら役に立つ」から「話せて当たり前」という存在になろうとしています。今の子どもたちに必要なのは、目先の成績や試験のためだけの英語力ではありません。コミュニケーションを図る力である『生きた英語』が求められています。ECCジュニアでは、『世界標準の英語力』の習得を目標としています。それを可能にしているのが長期一貫学習プログラムです。年間43回の教室での授業と家庭での学習プログラム、そして暗誦大会やECC児童英語検定試験などの行事を含めて、すべてのレベルが「ECCジュニア年間カリキュラム」で構成されています。ECCジュニアで学ぶ子どもたちは、幼児・小学生で英語学習を始めると、どんどん力を伸ばして学習を続け、中学生の段階で英語力の基礎を完成させます。英語力は早い時期から正しい学習法で続ければどんどん伸びます。『世界標準の英語力』が習得できるその秘訣は、このような綿密に計画されたカリキュラムのもとで長期一貫教育を続けられることにあります。※世界標準の英語力…高校卒業の段階で、英語圏の大学等で学習できる英語力、あるいは仕事で英語が使える、国際交流言語として、コミュニケーションの道具として使いこなせる英語力。

幼児期から始める

(なぜ幼児期から?)

幼児期は、舌や口の動きが滑らかで、真似をして言うことが得意で、音に対する感度も高く、耳にした音をきれいに再現することができます。英語独特のリズム・イントネーションを習得するのに最適な時期と言えます。また、幼児期のことばの発達は、子どもたちの心や知能、体や社会性などの発達と密接に関係しています。知的発達を促し、概念的思考力の基礎を身につけることが、幼児の英語学習には不可欠です。さらに、一生のうちで最も語彙数が増加するのが幼児期です。特に3~4歳にかけては、ことばを一番多く、しかも急激に覚える時期でもあります。そのためこの時期のたくさんのインプットが、英語を話す力へと繋がっていきます。

【メリット】

幼児期の子どもたちは未知なる英語にも、間違いを恐れずに取り組むことができます。興味を引くものには驚異的な集中力を発揮しますが、持続時間は短いのが特徴です。子どもたちの好奇心を引き出し、集中力を途切れさせないことが大切です。そのためレッスンでは、「知育」を取り入れています。「知育」とは、幼児の知的発達を促進するための教育です。パズルやカードを使ったあそびやゲームを通して、知能や思考力などの”学ぶための土台”を築き、集中力を養います。この土台が、生涯学習の基礎形成に大きく影響すると言われており、本格的な学習を始める前の幼児期に知育をしっかり行うことで、「ぐんぐんのびる子ども」「学ぶ力をもった子ども」を育てます。

【実例】

当教室の3歳のお子さまは、通い始めて9か月でアルファベットの歌を一人で歌うことができるようになりました。また、レッスンはすべて英語で進めていきますので、初めのころは少し戸惑う様子もありましたが、今では英語での指示も理解し、簡単な質問には英語で答えることができるようになりました。

小学生から始める

(なぜ小学校から?)

「英語は中学生になってから始めても遅くないのでは?」いえいえ。これからの時代、この質問への答えは、「小学生から始めないといけない。」なのです。なぜなら2020年度には英語改革が始まるからです。小学校3・4年生で「外国語活動」が必修化され、小学校5・6年生では英語が「教科化」されます。さらに、中高の英語の授業は英語で行うことが基本となります。また、大学入学共通テストでは「4技能評価、民間資格・検定試験」を活用することが決定し、今まで以上に英語力が要求されるようになります。「中学生から始めればいい」では間に合いません!小学生のうちに英語の基礎力を養いましょう。

【メリット】

小学校1~3年生のクラスでは、1学期は楽しいアクティビティを通して文型を導入し、2・3学期はテキストを使って理解・定着させていきます。自分のことや身の回りのことについて、聞いたり話したりしながら大量の英語に触れ、英語の「基礎体力」を身につけます。さらにCLIL(クリル)学習を通して、英語力はもちろん思考力・実践力などの21世紀型能力を養成。子どもたちが喜ぶ美しい映像や躍動感のある音声、クイズ、遊びなどをふんだんに盛り込んだレッスンで、学習効果を高めることができます。小学4~6年生の子どもたちは、社会性が発達し、物事を概念的に理解する力や自分の思考を客観視する力(メタ認知)も備わってきます。そのような能力を生かして最大限の効果を上げるために、CLIL(クリル)=「内容言語統合型学習」を本格的に導入します。CLILを活用したレッスンでは、子どもの発達段階に合ったテーマやトピックを取り上げ、英語で学びながら「21世紀型スキル」を養成していきます。また、レッスンは予習ベースで進められ、「グローバル・コミュニケーション能力」の基盤となる基礎英語力を着実に身につけさせます。子どもたちが主体的に学ぶ意欲や態度を身につけ、継続して学習することができるさまざまなツールを用意して、「自律学習習慣」の確立を手助けします。生涯学習社会と言われる現代では、この自律学習習慣を身につけることが将来に渡っての財産となります。

【実例】

アルファベットの学習から始めた小学校6年生のお子さまは、レッスン開始から約9ヶ月で、5文程度の自己紹介ができるようになり、オールイングリッシュのレッスンにもしっかりついてきてくれています。また、フォニックス学習を通して、単語を一目で見て読めるようになりました。レッスン中のアクティビティも楽しそうに参加してくれています。いつも「先生次何するの?」とやる気満々です!※フォニックスとは、「発音とつづり字の関係のこと」です。これを身に付けることで、単語をルールに沿って読めるようになり、発音を聞いてつづり字を推測できるようになります。

安心のサービス品質と英会話教室数No. 1の実績

ECCジュニアは、英会話業界で初めて、学習サービスの国際規格「ISO29990」の認証を取得しました。「ISO29990」とは、公教育以外で教育・訓練といった学習サービスを提供している事業者向けの国際規格です。カリキュラム・学習目標・成果の評価など、規格の要求事項に適合しながら、目に見えない教育の品質の「見える化」を図るべく、ECCジュニアはこの規格の認証を取得しました。保護者さまにとっては、学習サービスを選択するうえで、この国際規格をひとつの判断基準にしていただけます。また、現在ECCジュニアは全国に11,487教室、教室で学ぶ生徒は327,186名にものぼっています。おかげさまでその数全国No.1。全国の保護者の皆さまに絶大な支持をいただいております。

夢中になれるから英語がしっかり身につく! 深い思考力と高いコミュニケーション力を養成します!

快適学習塾EX中野教室は塾が運営するECCジュニア教室です!少人数制クラスですので、お子様一人ひとりへのきめ細やかな指導が可能!英語以外のお悩みもぜひご相談ください。無料体験は随時受け付けております!お気軽にお問い合わせください☆

受講費用

コース 月謝
2・3歳児(PT) 6,000
4・5歳児(PB) 6,000
PB+スーパーラーニングプラン(SB)※1 10,000
小学1~3年生(PF) 6,000
PF+スーパーラーニングプラン(SF)※1 10,000
小学4~6年生(PE) 6,000
PE+スーパーラーニングプラン(SE)※1 10,000
中学1年生(JE) 8,000
中学2年生(JI) 8,000
JE・JI+中学英語文法プラス※2 12,000
中学3年生(JA) 8,000
JA+中学英語文法プラス※2 12,000

※各コース入学金は\5,500です。
※料金は税別表示です。
※1スーパーラーニングプランとは、通常の「英語・英会話」レッスンに「読み書きプラス」を加えたプランです。
※2中学英語文法プラスとは、個人のレベルに合わせた学習で総合的なレベルアップを図るため、個別指導中心で授業を行うプランです。
お席に空きがあるクラス
・秋の週2回クラス PE(小学校4〜6年生)…残り3席
火曜日:17:30〜18:30、金曜日:17:30〜18:30
上記以外のクラスに関しまして、今年度は満席ですが、来年度のお席のご予約は承っております。
随時、無料体験を行なっておりますので、お気軽にお問い合わせください。