ロボット教室

ロボット教室とは?

『自ら考え、自ら学ぶ』子どもたちを育てる授業を行います。
好きだからこそ積極的に手を動かし、頭を働かせて、イメージしたものを形にしていくことによって、子どもの個性を引き出し、想像力を育みます。

ヒューマンアカデミーロボット教室は最長6年、さらに上級コースも加えると9年間、じっくりとお子さまの成長に合わせて学べるよう設計されています。
お子さまのステップアップが計算されたコース設計は、理想的な長期学習を叶えます。
何歳からでも始められ、入学月も自由といった、入り口の豊富さと柔軟さも、人気の要因になっています!

また、ロボット教室に通っている子どもたちには、こんな能力が身に付きます。

月2回の完結型の授業!

ロボット教室のプログラムは基本的に2回(1回90分)の授業で1体のロボットを製作します。他の習い事と無理なく両立することができます。

【1日目】基本製作(90分)
テキストを見ながら、日本一のロボットクリエイターの高橋智隆先生が教材を監修したロボットを組み立てる授業です。
失敗や成功を繰り返し、試行錯誤しながら製作する中で、完成したときの感動や動いたときの驚きを体験し、理科・算数への興味を引き出していきます。

【2日目】応用・実践(90分)
基本製作で作ったロボットをもっと速く走らせるには?もっと力を強くするには?などの課題に応じオリジナル仕様にしていきます。
クラスの友達と楽しくゲームや競技をしながら、動力の仕組み、てこや摩擦など理科の知識を学習します。

当教室の授業スタイル

当教室では、他の教室よりも、特に生徒の自主性を大切にしています。
もし、ロボット作りの過程で、助けを求める子がいたら、必ず答えをすぐに与えず、一緒に解決方法を模索します。
そうすることによって子どもたちが自分で解決する能力が自然と身につけられると考えています。

また、当教室では製作2週目の授業内で簡単な発表会を行っています。
授業では、完成して自分のオリジナルロボットを作る子もいれば、完成できない子もいます。
完成していない子でも、この後どのような改造をしようと思ったか、改造途中でどのような失敗をしたかなどを発表しています。

当教室ではこのような発表会が、大人になっても大切なプレゼンテーション能力を身につき、自信にも繋がると考えています。
また、一人で完結してしまいがちなロボット製作において、質問時間なども設けることによって、コミュニケーション能力の向上や協働の姿勢を学ぶことができます。